株式会社コーエイ りRECRUIT

Man-to-manKOEIのマンツーマン制度

マンツーマン制って何?
鈴木 : 1つの営業エリアで担当の営業1人というパターンの会社が多いんじゃないかと思います。
でもうちの会社の場合は、1つのエリアをセールスとサブセールスという2人の人間で担当するというやり方をしています。
この、セールスとサブセールス2人1組のチームで行動する体制のことを、うちの会社ではマンツーマン制と呼んでいます。
常に2人一緒に行動するの?
鈴木 : 行動自体は2人別々になります。
1つのエリア内で「俺は右回りで行くから、お前は左回りで行ってくれ」とか、「今日は提案にじっくり時間かけたいから、配達と受注取りは頼む」とか、動きや役割を分担します。別行動ですが、連携して1つになってます。
1人体制と比べてどんなとこがいいの?
鈴木 : 何と言っても機動力や営業力が圧倒的に高まるところですね。
2倍のスピードでお客様をお待たせする時間は短いですし、2倍の人手でより手厚いサービスを提供できます。
お客様からの信頼も得られます。
西山 : お互いをフォローしあえるところもいいです。
僕はまだ経験が浅いので、時々ミスをします。
そんなときは鈴木さんがフォローしてくれるし、どうすればよかったか等いろいろ教えてくれます。
逆に鈴木さんが急にお客様に呼ばれて対応しないといけなくなったとき等は、僕が鈴木さんをフォローして残りの仕事を引き継いで代わりにやったりします。終わった後ありがとうと言われるとうれしいし、役に立ててると実感できます。
鈴木 : 頭数は2倍でも、ここから生まれる力は2倍以上ですね。
マンツーマン制が力を発揮したエピソードは?
鈴木 : ある時あるお客様から、どうしてもすぐに必要な部品があるから、大至急来てくれと連絡がありました。
その時自分はそのお客様から遠い場所にいました。
そこから行くにはかなり時間がかかるし、他のお客様の対応もあるし、正直どうしようか困りました。
でもそのときちょうど西山君がそのお客様の近くにいたので、僕の代わりに行ってもらい、対応してもらいました。
それがうまくいきました。
お客様をお待たせしなかったし、西山君もしっかり対応してくれたので、後でお客様からとても感謝されました。
西山 : 鈴木さんの代わりというのがちょっと緊張しましたが、がんばりました。
お客様からも鈴木さんからも感謝されて、とてもうれしかったです
他にも何かいいことある?
西山 : 何かあっても必ずフォローしてくれるので、失敗が怖くないんです。
小さいこと気にせず思い切り仕事ができるのがいいと思います。
あと、何でも聞けて、何でも言い合えるところもいいです。
社員同士みんな仲がいいんですけど、その中でもチームを組んで一緒に行動する特に距離の近い仲なので、本当に何でも話し合えるし、分からないことも遠慮せず何でも聞けるし、何でも教えてもらえます。
相談事もしやすいし。そんなとこもいいと思いますね。